アイドル動画ランク
ここを友達に教える
野球ランキング

イントレランス ランキング!

イントレランス 裸心 ─なぜ彼女たちはAV女優という生き方を選んだのか?─

いやあ、この本を読むのって、何回目でしょうか。普通は、1回、読んだら、売ってしまうんですけど、ずっと、手元にある本です(笑)。まあ、それだけ、面白いということです。オビには、「なぜ彼女たちはAV女優という生き方を選んだのか?」とありますが、誤解のないように、最初に書ておきます。女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル (朝日新書)等の風俗関係本を読んだら、わかるのですが、・性・風俗業界は、今や、志望者が多い人気業界?になり、昔のように、「裸になれば、誰でも、金が得られる」という「セーフティーネット」産業ではなくなったこと・容姿によって、稼げる割合は決まり、その中でも、性・風俗業界のヒエラルキーの頂点を極めるのは、いわゆるAV単体女優であること・そして、ここに掲載されているのは、押しも押されぬ「AV単体女優」の中でも、飛び切りの人気女優であることだから、この本を読んで、一般的に、「AV女優って、こういう世界なんだ」と思うと、誤解を生じると思います(冒頭に、引退後、借金にまみれ、取材にも多額の報酬を要求してくる元AV女優が紹介されますが、こちらの方が、より、実態に近いのではと思います)。なので、本書は、沢山の人がお世話になったであろう(笑)有名AV女優たちが、本当は、何を考えていたのかがわかる本になっています。さすが、「プレイボーイ」のライターがインタビューし、連載したものをまとめただけあって、そこらへんの類書と違い、彼女たちのリアルな姿を捉えた、秀逸なインタビュー集になっています。では、前置きが長くなってしまったので、レビューしたいと思います。ちなみに、登場するのは、AV業界に、一時代を築いた、次の8人の有名女優たちです。・大塚咲かすみ果穂・藤井シェリー・範田紗々・佐伯奈々・水野つかさ・滝沢優奈・星月まゆらまず、AV女優になったきっかけですが、これは、予想したこととはいえ、やはり、てんでバラバラでした。「徹底的にエロを追求してみたい」「セックスに劣等感があった」「伝説に名を残すような仕事がしたかった」「家族が崩壊していた」「借金があった」「エッチしたかった」「中絶経験があり、ひどいことをされないとという贖罪意識があった」・・・で、8名の皆さんの、簡単な写真、プロフィールが掲載されているんですが、今や、買い手市場となったAV女優界でトップに立った方々にしては、それほど、お顔・プロポーションが飛び抜けているわけではないんですよね(今や、なぜ、こんな子がという子まで、AV女優していますからね)。では、何故、そんな8人が、性・風俗産業のヒエラルキーのトップの中のトップに立てたのかについては、共通点が見出せました。・AV女優の道を選んでしまった以上、プロ意識が強い-スタッフを始め、皆、真剣に仕事をしており、迷惑はかけられない-ファンの人を喜ばせないといけない-中途半端な気持ちではダメ。信念や覚悟を持たないと-もっと、良いプレイが見せられるように、練習する・意外だったのですが、私生活では、彼氏がいなかったり、いても、AVでするような激しいSEXはしない(激しいSEXをするのは、AVの中でだけ)・「自分の居場所」「自分が自分らしくある場所」を、ようやく見つけることができたといった所でしょうか。エジソンが、「天才とは、1%のひらめきと、99%の努力である」といった通り、ヒエラルキーの頂点に立つ、人気AV単体女優といえども、「人並み以上の容貌に恵まれていたとはいえ、努力してるんじゃん」と思った1冊です。文字に起こしてみると、本当、こんだけなんですよね。ただ、さすがに、「プレイボーイ」のライターだけあって、インタビューの仕方がが秀逸。中には、インタビューの途中で、「裸にしてしまう」女の子もいますしね。この本の面白さは、「凄いエッチな女性が、本能のまま、やってるんやろう」という既成概念を崩し、「SEXは、実は嫌いで、本当は、〇〇な気持ちでやっていた」という、意外な、彼女たちの本当の姿・気持ちが暴かれるところにあると思います。でも、共通していたのは、「本当の気持ちは隠し、プロ意識を持って、凄い、一生懸命に、取り組んでいたんだな」ということ。皆、1時代を築いた女性ばかりからかもわかりませんが、「AV女優になったことに悔いはない」という子ばかりで、読む前の、スケベ心はどこかに行き、彼女たちのことが、より好きになり、「あぁ、この時、本当は、こんな気持ちで、取り組んでいたんだ」ということがわかり、もう一回、彼女たちの作品が見たくなる1冊です(っていうか、私は、本当に、買ってしまいましたが笑)ただ、1時代を築き、「後悔はない」という8人ですが、やはり、「AVに出た」という後ろめたさは残っているみたいです。あえて、彼女たちのその後は、書いてありませんが、あれだけ、AV業界で頑張った子ばかりなので、次の世界でも幸せになってほしいなあと思わせる1冊です。 裸心 ─なぜ彼女たちはAV女優という生き方を選んだのか?─ 関連情報

イントレランス らふ

今みても古くないAVというのがありますが、森下くるみちゃんはその代表格ではないでしょうか。本書、そんなくるみちゃんがさらに一枚脱いで赤裸々な心情を吐露しております。いやはやなかなかどうして、自分より全然いろいろ深く洞察し、考えてるんですな。本書を読んだあと出演作を見ると2倍楽しめます。 らふ 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
ゲーム動画ランキング